スタイリッシュに未来を生きる。
コース紹介

食生活専攻

カフェ・製菓クリエイトコース

FASHION CREATER COURSE

イメージフォト

教育目標


2年間でトータル400種類作成!
質の高い実習を豊富に経験。

将来、パティシエやブーランジェを目指す学生にマンツーマンできめの細かい指導を
実践しています。基礎から応用まで将来プロとして活躍できる専門技術と知識を身に
つけながら、1年次は泡立て器やオーブンの使い方から、食品学、公衆衛生学まで
製菓の基礎と技術を幅広く習得します。実習ではカスタードクリームやジェノワーズ、
シュークリームという基本のお菓子作りを学び、2年次からは、基本的な技術を積み重ねたうえで応用が出来る技術を身につけ多くのケーキやパンを制作。本格的なオーブンや天然大理石に加えホテル並みの機械が揃えられており、プロ仕様の調理場と同じ施設で2年間400種類以上のケーキやパンを経験することで、パティシエ、ブーランジェとしての高い技術を養います。また本年度からシュガークラフト持ち込み部門のコンクールにも参加し、教会会長賞のほか多くの入賞をしました。

目指す職業

・Café開業・パティシエ・ブーランジェ・ショコラティエ
・商品開発・販売

学びのポイント


Point.1

製菓・製パンの基礎を学びながらプロから
「本物」を教えてもらおう。

カスタードクリームやアングレーズソース、ジェノワーズはこの業界では基礎であり、これが出来ないと就職しても即戦力とは言えません。本コースでは基礎を徹底的な反復練習を行うことで安定した商品を作れるよう技術を身に付け、基礎を完全にマスターしたうえで、さらに専門分野で応用力を習得します。そうする事により就職してから、ステップアプした段階からのスタートとなるため、その分多くの仕事を学べることが出来ます。
その最大の力となるのは、毎回その道のプロが教える事です。製菓材料もプロが使っている生クリームやチョコレートを使い実際に販売しているケーキやパンを作ります。
そうした授業を行う事により「本物」の材料に触れる機会が増え、「本物」のケーキを食べ味覚を鍛えることにより、さらに美味しいケーキを求め作れる様になれます。
2年間でより知識を習得し幅広い応用力を身につけ就職後も活躍する場面が増えます。

学べる授業・魅力ある学習


和菓子技法実習
日本の大切な食文化のひとつ和菓子。何十年も修業を重ねてきたプロのレシピや道具、技術を学びます。和菓子を自分の手でつくり味わうことで、日本の文化と日本人の美意識を感じ取ります。

洋菓子基礎実習
正確な計量の仕方、正しい器具の使い方など、パティシエの心構えを学びます。
絞りやパイピングの方法、パレットナイフの持ち方や使い方など基礎を徹底的に繰り返し練習します。
また、基本作業を確認するためにジェノワーズを1人で焼きアニバーサリーケーキを作るなど、泡立てから焼成まで行う事により、授業を通してお菓子作りの基本を理解します。

Point.2

作るケーキはムースから焼き菓子のタルトやパイなど、2年間で400種類以上を作ります。

ホテル、カフェで提供されるケーキを中心に、定番からトレンドまで多種多彩なケーキ作りのテクニックを修得します。現場を知り尽くした講師陣による直接指導なので、つく方のポイントも分かりやすく、多くの洋菓子を作る事で技術を磨き就職につながる知識と技術を取得します。
また、春はイチゴを使ったケーキから夏は柑橘系、秋は栗やサツマイモなど四季を通じてその季節のもっとも美味しい材料を使ったケーキを作る事によって
素材の大切さも覚えます。他にもレストランで提供されるアセットデセールやカフェのデザートなども作り、さらに多くの技術を身に付け就職の幅も広がります。

学べる授業・魅力ある学習


カフェ文化
コーヒー・紅茶の歴史から、エスプレッソマシンの取り扱いや基本となるドリップコーヒーの摘出法、ラテアート等を有名バリスタの指導でマスター。学内「ガーデンカフェ」での実習は、本物のカフェ気分!終了時にはNFCCプライマリーバリスタの認定も修得できます。

パティスリーアート
1年次で修得した知識や技術を基に、ケーキショップで販売しているようなショートケーキやチーズケーキを中心にパイやチョコレートを使った高度なテクニックにも挑戦していきます。
授業の終わりにはアニバーサリーケーキやクリスマスケーキにも挑戦し、自分だけのオンリーワンのケーキも作れるようになります。

Point.3

「手ごね」と「機械練り」の実習で
パン生地の違いと状態を確認する。

生地の状態を熟知しなくては良い(おいしい)パンはつくれません。
授業では、まず生地の軟らかさやグルテンの状態を直接手で確かめながらこねていく「手ごね」の実習をします。
また、大量のパンをつくる際の正確な分割や成型の速さなどを知る為に「機械練り」も体験、生地に多く触れ、さまざまなタイプのパンを作る事でパンの魅力を理解し、ブーランジェの基礎を養います。
1年次では基本のパン(バターロール、レーズンパン)を中心にメロンパンやカレーパンなど惣菜パンなど60種類ほど作り、2年次になるとバケットやミッシュブロード、カイザーゼンメルなどヨーロッパのパンなど多くのパンも作りその国の特徴も知ることが出来ます。

学べる授業・魅力ある学習


世界のお菓子とパン
第一線で活躍する講師の丁寧な直接指導で作り方のポイントを押さえます。アメリカやヨーロッパなど伝統的なお菓子やパンなどをつくることで技術を磨きながら、オーブンやミキサーなどホテルやお店と同じ様な機械にも触れる事で、就職後につながる知識と技術を指導していきます。
NFCC製菓・製パン技術検定の対策に向けての指導も行います。

製パン基礎実習
製パンの基礎的な知識を基に、バターロールからハード系パンまでさまざまなパンを作り、手ごねの方法、生地の見分け方やオーブンの基本操作などを理解します。繰り返し練習する事によって製品の安定化や実践的な製パン技術を身に付け、ブーランジェの基礎をしっかり修得します。

Point.4

「キャンパスウェディング」で
ウェディングケーキやデザートを制作!

学内で開催される模擬披露宴では、ブライダルコースや調理師・フードスペシャリストコース、食美学・調理研究コースとの共同企画で「キャンパスウェディング」を年1回開催され、ドリンクや料理、デザート、ウェディングケーキまで制作し、ブライダルコースの学生と何回も打ち合わせをし、お互いに意見を言いテーマにあったウェディングケーキを作成していきます。また、デザートもテーマにそったデザートを考案し材料の発注から何食作るのかも計算をしながら原価計算や試食・盛り付けも考えますが、ウェディングケーキには特に気を遣い、どんな色にするかとか何を使い形は四角か3段かなどデッサンを数枚書きブライダルコースと打ち合わせします。デッサンが決まりチームの中で協力しながら進めていきますが、デッサンから制作に至るまで本格的なチームワークでの達成感は大きな刺激になり、就職後もこの経験が役に立つことでしょう。

学べる授業・魅力ある学習


シュガークラフト技法
シュガークラフト(シュガーアート)とは、砂糖で作る繊細で美しいデコレーション技術で、ウェディングケーキに使われるものが代表的な例です。
この授業で学んだ技術を生かし「中部洋菓子技術コンテスト大会」のシュガークラフト部門に挑戦、29年度は中部洋菓子技術コンテスト大会会長賞や金賞、銀賞を受賞するなど輝かしい結果を残す事が出来ました。

キャンパスウエディング
学内のコースの特徴を生かし、ブライダルコースとの共同企画で模擬披露宴を開催。カフェ・製菓クリエイトコースはウェディングケーキとデザートを担当しブライダルコースの学生と何回も打ち合わせを行い、テーマにあった作品を作り上げていくことで、ブライダル関係の会社にも就職の幅が広がります。

オープンキャンパスではこんな事を学べます


チョコ&ハムエッグロールを作ろう

現役ホテルのシェフ、ブーランジェ(パン職人)が作る本格的な美味しいパンをホテルのレシピで作ります。NFCCでしか出来ない貴重な体験ですよ!

アメ細工を使ったデセール

パティシエの芸術「アメ細工」の実演をご覧になれます。普段なかなか見る事が出来ないアメ細工、この機会に素晴らしい芸術に触れてみませんか。

コース主任あいさつ


コーヒー、ケーキ、パン、和菓子、経営学も学び、夢のカフェ開業へ!
「お菓子が好き」「将来カフェをオープンしたい」と言う人に最適なのが、本コースです。お菓子作りが初めてでもまったく問題ありません。まずは「アニバーサリーケーキを1人で最初からつくれること」をめざします。
製菓実習では、製菓・製パンの基礎知識と技術を幅広く習得。調理実習では、調理の基本も学びます。本物の素材とプロの技術に触れ、和菓子やシュガーアートなどの技術が学べるのも大きな魅力です。製菓衛生師の国家試験では、万全の対策で毎年90%以上の合格率を達成。さらにバリスタの授業では「バリスタ認定」が受けられます。パティシエやブーランジェをめざすほか、一般教養から経営学まで学び、将来カフェのオーナーになることも可能。本物の施設と環境で夢を応援します。

お問い合わせ
資料請求
資料請求
オープンキャンパス
pageTop